« 寿命 | トップページ | 年の瀬に »

2014年12月 1日 (月)

師走

2014年も終わりに、

年々鈍行になる片付け、清掃も各駅停車の待ち合わせ、

焦る余力もなく、ぼちぼちと励んでいます。

今は日に何度が落ち葉かき、見事な色合いの葉に見とれつつ。

Photo

« 寿命 | トップページ | 年の瀬に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かもめさん、こんにちは。
海外旅行かそれとも体調をくずされていらっしゃるのかなどといろいろと案じておりましたが
まずはホッです。
いろいろとあっても日時は流れて乗り越えて前に進むしかありませんものね。
振り返っても戻ることはなくて・・・。
だんだんと寒さが増してきますどうぞ、健康にだけは十分に留意されて
おすごしくださいませね、まずはホッでした。

↑↑↑のコスモスさんと同じ気持ちでした。

すばらしい絵の数々、発表の場がおありなんでしょう?? 是非実物を拝見させてください。

明日から冷え込むと報道しています。くれぐれも御身大切に~~~

コスモスさま、
お蔭様にプラプラと健やかに過ごしております。
皆さまに忘れられては一大事と師走に入ったところでお邪魔再開。
かわいい童女の挿絵のようにはまいりませんが、
拙い絵を描きながら、
残る人生を少しでも明るく過ごすよう努めますので、よ・ろ・し・く!!

sakoさま、
お久し振りです、
今年も師走、慌ただしく(いえ、回りが)なる前に、
皆さまに忘れられないようにと馳せ参じまして、
健在を訴えております。
1月に”お描き初め”という先生主催の展覧会がありますが。
3時間ほどの会で、みなさまにお出かけいただくのも慌ただしく失礼してます。
また、作品をブログで見ていただけたら幸いです。
下手の横好きとは名文句、かもめ用にあるみたいと続けております。

かもめさん こんにち
 トンコさんの事では お気使い有難うございました
お礼の言葉も伝えられず、ブログだけは見させて頂いたのですが
上がらず 気になっておりました  安心いたしました
 楽しみに 待ってます

もろこさん、
お久し振りです、お元気で、何よりです。
淋しいお教室です。でも、せっかく先生が懸命に教えてくださるので、
こちらも懸命について行ってます。いるつもりです。なんとか。
トンコさんのご家族からの連絡、一度ありましたが、
暗証番号なるもののメモが分からず、宙に浮いてます。
あまり焦ってもいけないと自重してます。
せっかく素敵な景色を撮られるのですから、upして見せてください。
寒くなりました、お気をつけてお過ごしください。

お久しぶりです。
身近なお友達が亡くなられ裳にふくされていらしゃたのでしょうか!
ブログが拝見出来て良かったです。

福を呼ぶフクロウを中心に素敵な襖絵のような絵柄がとてもおしゃれです。

こんばんわ

それぞれ・柔らかく、優しい色使いの絵ですね。

縁起のいい フクロウが柔和なお顔に描かれていて素敵です。

羊さん、
お出かけくださって、有難うございます。
お教室で仲良くなった方、まだ70そこそこの若い方、
70~80代で新しい仲良しができるなんてとルンルンでしたので、ショックでした。
でも、49日までは冥福を祈りつつ、無事の旅立ちを見守りました。
秋の気配を描きながら、一緒に過ごした楽しい学びの日々を思っていました。
大分前に山寺へお参りしたときの雰囲気、ふくろうの知力を授かりたいと描きました。

都わすれさん、
お出かけくださって、有難うございます。
へたの横好きとはよくいったもので、
40年以上続けていても一向に思うように描けないと
充分に練習もせず嘆いているぐ~たらかもめ。
季節の変わり目には筆を取りたくなり、ごみを増やしてます。

こんにちは
しばらくお休みしていました。
福を呼ぶとよく言われといますので私にもお裾分けお願いいたします。

こんばんは、朝夕すっかり冷え込み、紅葉も落ち葉となりました
やっぱり師走の風情と、忙しなさを感じるようになりましたね
日本画を描かれるのですね、優しい色使い、和みますね
福を呼ぶふくろうを一時期収集いたしましたが、収集するだけで
は飾り棚が一杯になるだけですね
そろそろ限界、断捨離をしなければと思うこの頃です

ぶららさん、
お久し振りなのはこちらこそです。

ふくろうが福を呼ぶ。。。。。知恵のなんとやらと聞いてましたが。
ま、福と知恵のつまった、太っちょのふくろう、不細工でもよろしく。

山寺へお参りしたとき描いたふくろうで、大木に止まって瞑想中。

ドンチのままさん、
お久し振りです。お出かけくださり、有難うございます。
ダブって入っていたので、42分の消させていただきました。
違う文章だったらどうしましょうと消してから心配してます。

ほんとに押し迫って、な~んて一丁前の相槌を打って。

ふくろうの収集家は多いですね。一つ、二つにしぼれないかわいさがそれぞれにあって。
飾り棚がいっぱいになること想像できます。
絵を描くということは紙がいろいろで、私の部屋は”こみ収集場”と呼ばれてます。

かもめさん やさしくて詩情溢れる絵をお描きなんですよね。
ふくろうの eye も愛らしいです。
お寺を巡っていて 古寺で お年を召した檀家さんが手作りしたものです どうぞ戴いていってください と勧められ
布で作ったふくろうのオツムを持ち帰りました。表情が豊かでかわいいです。
絵を見ているうちに思い出して 手の中に置いて眺めてしまいました。
賢い鳥ですから ボケ防止に好いのでしょうか・・・
かもめさんのふくろうさんに 癒されています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寿命 | トップページ | 年の瀬に »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ