2017年7月13日 (木)

横浜港詣で

2017年6月24日 (土)

梅雨?

築地辺りがかっかとしているせいか、梅雨も近づけないで、
出かけるのには助かっても、水不足騒ぎは困ります。
 
庭先にきれいな花が咲きました。
名はなんというのでしょう、
植木鉢に入っているからには、
いつか、なにか買ったのでしょう。
放任の庭、ボケ婆への贈り物、そっと咲いてます。
Photo
そして、薬膳に提供したいように、繁茂するどくだみの間に、
楚々とはいえないゆりが、ゆらりゆらりと揺れて
2
 
Photo_2

2017年5月26日 (金)

梅雨近し

降り出しました、でも、
 
日暮れても
  つつじの庭で
    歌いいる
      うぐいすの声
        なお鮮やかに
という、手抜きの我が家とお隣りの庭は鳥たちの天国。
 
Photo
先日のつぼみ群、見事に開花して、
天の恵み、アメ粒をうれしそうに受けてます。
そして、もう一つ、放任されながら、
キングサリも、哀れにも、ひょろひょろと咲きました。
お付き添いに同色のランを添えて。。。
Photo_2
 

2017年5月15日 (月)

夏めく

放任の庭、雑草に近く、自立を強いられた花々、
シクラメンの狂い咲きに驚いて、回りを見ると、
なんとランにつぶつぶと沢山のつぼみ。
そういえば、散歩の山道でシャガの群生、
竹藪には食べごろを過ぎたタケノコがにょっきり。
あ、♪夏がく~れば思い出す♪
 
ギンギアナムが終り、夏の眠りに入った。
華やかに咲いて、爽やかな香りをまき散らしていたのが、
終わると淋しくなっていたので、
新たな仲間たちの出現はうれしい。
勝手な主に腹を立てることもできずに季節を知らせて。。。
 
Photo
Photo_2
Photo_3

2017年5月 2日 (火)

連休

連休入ったら混雑と思い、老人は邪魔にならぬようにと、
早めに上野へ馳せ参じ、ブリューゲルのバベルの塔展へ。
本場で見たものの、うん十年前のこと、懐かしくて、今一度!
バベルの塔だけでは展覧会のさまにならぬと思ってか、
彫刻、その他、寓話絵の数々、
オペラグラスを持ってきていた人がうらやましく、
”ちょっと貸してください”といいたい、細かい絵。
部屋から部屋への通路で、解説のビデオにじっと立ち尽くし、
溜飲を下げる情けなさ。
ま、混雑は避けられたので、ほっとしてお隣りの動物園も覗く。
Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4

2017年4月26日 (水)

ギンギアナム

Blog Blog_2
 
Blog_3
♪今年の桜は見事でした♪
天候不順でハラハラ、どきどき、
でもじっくりと開いて、じっくりと楽しませてくれて、
そして、
ギンギアナムも一斉に咲きだして、
放任ボウボウの我が家の庭も春景色。
そうですよね~、もうすぐ連休、5月ですもの。

2017年3月30日 (木)

日永

お彼岸が過ぎても花冷えの不順なとき、
ワシントンへ行く主のお共、何年ぶりか。。。
ニューヨークでは雪騒動、ワシントンの桜も寒さ負けと
あまり期待していなかったので、きれいに咲く
広~い入り江の池の周りの桜はやはり見事でした。
Photoscape
 
Photo
新しくできたアフリカ展示館の後、
草間さんのアート展をのぞき、
春のワシントンを満喫???
Photo_2

2017年3月 1日 (水)

弥生

Photo
 
ゆ~きやこんこ、あられやこんこ、と草津の湯にひたり、
卒業記念旅行と称して飛び回る孫に目を回していると、
もうお雛様が並び、
 
灯りをつけましょ、ぼんぼりに(^^♪、♪、
 
ギンギアナムの香りが部屋に満ちて、
スーパーで買った桃の花の一束と相まって、
部屋はすっかり春。
 
雪溶けて 雛の祭りと 桃の花
   子らを育み 見守りている
2017

2017年2月 7日 (火)

建国記念日

立春もあっという間に過ぎて、
お雛様にお出ましをいただく時が来た。
せっかく苦労して飾るので、なるべく長く楽しみたくて。
ポストの蓋が壊れ、お勝手の流しの下の扉の蝶番が壊れ、
作業を見届ける間もなく、
区役所へ印鑑証明を取りに走ったりして、バタバタ。
毎年一月に先生が生徒たちのために開いてくださる、
お描き初め展なる展覧会に、今年は七福神を描いた。
楽しげに歓談する世界各地の神様たち、
日本が平和なのはこの方たちのお蔭?な~んて、
でも、本気で安泰を安寧を祈りつつ描きました。
百川子興の肉筆浮世絵、シカゴから里帰りした時に
ちらっと見て、鮮やかな色合いに感動、
絵の具で描いてみました。
Photo_2
 
 
 

2017年1月21日 (土)

大寒

大寒に入り
 雪の予報に戦々恐々としてはいても
風邪からも解放されて、
 新しい年の始まりを、いざいざと実感して、
   お描き初めに永平寺の天井絵の中の一枚、
    橋本 春陵和尚の絵、南天に鳥を模写
2018_001
ほのぼのと 家族のぬくもり 春の朝
 

«謹賀新年

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ